看護師が転職によって管理職を目指すための方法

看護師が転職によって管理職を目指すための方法

一般の会社で係長、課長、部長といった役職があるように、看護師の世界でも看護主任、看護師長、看護部長といったクラス分けがなされています。当然、上のクラスにいくほど広い範囲を管理し、権限も大きくなるわけです。

ただ、出世のスピードは遅く、総合病院の看護主任になるには10年程度のキャリアが必要だと言われています。

そこで、一足とびにキャリアアップを狙う方法として挙げられるのが転職です。


大きな病院というのは管理職の看護師を外部から招こうとする場合も多いので、そのチャンスを狙うわけです。

具体的には、これまで構築してきた人脈を頼りにヘッドハンティングされるのを待つか、看護師関連の転職サイトに登録して管理職の募集を探すかのふたつの方法があります。

教えてgooの情報サイトへお越しください。

前者の場合、相手側の職場の内情を聞いた上で決断することができるのはメリットですが、紹介で入った以上、簡単にはやめられないというデメリットも存在します。
そもそも、話自体がこなければそれまでです。



一方、後者の方法であれば広い範囲から募集を探すことができますし、担当のコンサルタントからアドバイスを受けることもできます。

東京の看護師の転職情報に精通したサイトです。

病院によって仕事の内容はかなり違いますので、求人募集を行っている病院の仕事内容がどのようなものかもコンサルタントを通して聞いておけばよいでしょう。
ただ、コンサルタントのレベルにはばらつきがあるので、ひとりのコンサルタントだけを頼りにしていてもなかなか転職先が決まらないということもあります。


そのため、なるべく多くの転職サイトに登録し、その中から良いコンサルタントを見つけていくのが賢明でしょう。


Copyright (C) 2015 看護師が転職によって管理職を目指すための方法 All Rights Reserved.