TOP > 低金利の今こそ不動産投資を

低金利の今こそ不動産投資を

ここ数年、日本は超低金利状態が続いており、マイナス金利の導入で貸出金利はますます下がりつつあります。
貸出金利が下がるということはそれだけお金を借りることがしやすくなり、不動産投資にはうってつけです。


株などの投資は相場自体が安定しておらず、下手に動くと損をします。

しかし、不動産投資であれば短期的には乱高下しないですし、家賃収入があれば安定した利回りが期待でき、土地の値段が上がれば業者に売れば儲けることができます。不動産投資をするためにマンションを購入するにしてもアパートを建築するにしても、低金利でお金を借りることのできる今だからこそ勝負なのです。

不動産投資の情報サイトはこちらです。

インフレ状態になると、金利も同様に高騰します。

安心安全の不動産投資のセミナー情報収集ができます。

高騰すれば貸出金利も当然上がり、ハードルが高くなるだけではなく、毎月の返済にその影響が出るようになります。

貸出残高がその時点で少なければそこまでの影響にはなりませんが、インフレ状態になってから借りようとするとその影響をもろに受けることになります。
その点、今のような低金利であればそのような心配が要りません。


不動産投資はデフレ状態は家賃収入で急場をしのぎ、インフレ状態は土地の価格で均衡を保つことが鉄則とされています。



デフレとはいえ、それにあわせて家賃を下げることはしません。

あくまで築何年か、周りの環境はどうなのかによって決まります。


安定して稼げ、景気が回復すれば土地を含めて売る。
こうした青写真を描きやすいのが今なのです。